スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<6>イベントも終わりに近づき…

2009年04月29日 00:02

ステージでは、ダム建設反対のメッセージが読みあげられ
ようやく終了。
時計がないのでわからないが
多分夜半はまわっていたと思う。

机やテーブルの上にはおびただしい数の空ビン。
みんなよく呑んだ。
その夜は会場の一角に用意されていたテントで寝た。
翌朝になった。
ダム建設反対の話し合いがづーっと続けられていた。

15人程度だが、地にしっかりと足をつけた地味な活動家たち。
その中に一睡もせずガラガラ声になったモンコンさんが熱弁をふるっていた。
やがて、その会場を去り、スラチャイ君達の車を先頭に
大きな邸宅に入って行った。

周囲は自然そのもの。広い庭。池。
スラチャイ君の活動を支持しつづけてきている地元の知人のようだ。
昼近くまでここでゆっくりした。

カラワンのメンバーたちはギター弾いたり
やがてスラチャイ君が新曲を披露してくれたりしたが
皆でメシを食いに行こうと、車4台に全員乗り込み、御当地名物の
河魚料理を食べに行った。
数えたら40人近くもいた。
さすがカラワンともなると大所帯だ。
15歳になるスラチャイ君の息子はお母さん(べっぴんさん)似で
ギターも上手で、前日のイベントでも活躍していた。

うまい魚料理に舌鼓をうった後、
”じゃ、ぼくらはバンコクへ行くのでここでお別れだな。
 ナミさん、忘れないうちにぼくの携帯番号を”
と言って、TELナンバーを書いてもらった。

汽車で8時間も時間をかけて帰るのはいやだからと
バスで帰ることにした。
バス停の前は広い三車線の道路。
そこを一人の若者がウォークマンのヘッドホーンをつけ
ニコニコしながら歩いてきた。
ウォークマンだから歩いて楽しむことができるのはよくわかるが
車がビュンビュン走っている道路のまん中をやってきたのには驚いた。

やっぱり、タイだ。






スポンサーサイト


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。